心療内科・精神科「街の診療所」

診療案内

不眠症

不眠症は睡眠障害の一つで、夜寝つきが悪い、眠った状態を継続できない、朝ひどく早く目が覚める、眠りが浅くて眠った気がしないなどの症状が続き、よく眠れないために日中の眠気、注意力の散漫、疲労や体調不良が起こってくる疾患です。日本人の5人に1人くらいが、こうした不眠症に悩んでいると言われます。不眠症は、小児期や青年期には少ないのですが、20~30歳代に始まり、加齢とともに増加していき、中年、老年になると急増してきます。60歳以上の方では、約30%の人が不眠に悩んでいると言われます。男性よりも女性に多いようです。不眠の原因はストレス、心や体の病気、薬の副作用など、様々です。

下記に当てはまる方は、 不眠症、もしくは予備軍の 可能性があります

  • なかなか寝付くことができない
  • 夜中に目が覚めてしまい、それから眠ることができない
  • 明け方に目が覚めてしまう
  • 眠れた感じがせずに疲れがとれない
  • 夜は寝ているのに日中の眠気が強い
  • 寝ながらゴソゴソ動いたり大声を出したりする
  • 足がムズムズして眠れない

不眠症の主な症状

このような症状が見られます

不眠症には主に下記の4つの症状があります。どれか一つだけの場合もあれば、いくつかの症状が重なることもあります。

入眠障害

寝つきが悪い、
眠るまでに時間がかかる

中途覚醒

途中で目が覚めてなかなか寝付けない

早期覚醒

朝、早く目が覚め、そのまま眠れない

熟睡感欠如

しっかりと寝た感じがしない

当院は予約優先です

〒050-0074 北海道室蘭市中島町1丁目28-18